読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の国名を変えたい

リンジャンです

いらないものを受け取る人たち

とある人物をお茶をしてたときのことだ。数年やりたいことがないために職につくことができず貯金がすべてなくなったところで 国民健康保険支払いの最終督促(数万円)がきた。払わないと資産を抑えるぞというものである。この人物は要りもしない父親の資産(数…

プログラミング言語の今後

ダウントレンド C++,Java,C# アップトレンド TypeScript,Scala,Elixir となっている。 C++は組み込み機器、ゲーム用途に使われていたがC#に置き換わっている。 C#もダウントレンド、VRが増加しているところから推測するに今後はソフトウェアではなくハードウ…

転職サービスを使う問題点

あなたが転職をしようと転職サービスに登録したとする。 登録に使った情報はこんな感じだろう 氏名、生年月日、住所、電話番号、在籍していた会社名、仕事内容 氏名、生年月日 は個人情報保護法によって伏せられるため、問題がないのだが、在籍していた会社…

字が汚い人はアイデアマン。仮説が好き

字が汚いというのは積極的な性格で落ち着きがないとも言える。あれしたいこれしたいがありすぎて表現が追いつかないのだ。このタイプは積極的な分約束が守れない事(嘘、失敗)も多く相手から警戒されることが多い。 このタイプと付き合う場合、自分は受け身…

組織の成長は辛いものだ

私がとある組織に入りたいとする。しかしその組織はいい顔をしない。なぜなら私に魅力がなく、かえって仕事が増えてしまうからだ。 私がとある組織に来て欲しいとオファーが来た。しかし私はいい顔をしない。なぜならその組織は私にとってレベルが低く自身の…

自分が不愉快なことをやろう

例えばダイレクトメールの事例を上げてみよう。 とある会社からあなたにダイレクトメールが届いたとする。 あなたにとって嬉しいことであればいいのだが、不快なものである場合今後届かないようにとある会社に連絡する必要がある。 これで案件は完了したよう…

私は日本が嫌いだ

7年前とある日本人がお店を開きたいとのことでお金を貸したことがある。 お金を貸すときの条件として運営に口出しをしないことを付け加えてだ。 この日本人とはもともと付き合いがあり、主催したイベントに参加したときは勉強になったことが多い。 特に「最…

すべてのプロジェクトが成功した時にどうなるか?

今日は関東某所にある組み込み系企業様と面接をしてきました。 創業20年とのことで歴史がありまた急成長を望んでいたようで楽しそうです。 本題、プロジェクトというのは赤字のまま終わる失敗かトントンを超える成功になるんだけど、すべてのプロジェクト…

結果として嘘をついた時

嘘を付くときはどんなときだろうかと考えたことがある。 先日ハローワークで気合論が好きな会社の経理職の紹介をもらった後、すでに20代女性で資格を持っている方が応募している人がいたと伝えられ、自分の中ではそちらの方のほうが適職と見えたので自分で…

隣の芝は青い理論

ここ1年職を持っていなく、生活費もそこをついていて借金生活なんだけど、年金の支払い督促だけはしっかりくるのでクレジットカードで決済されるように手続きをしておいた。国への支払いが原因でカード破産とかあるのだろうか・・・ temita.jp これだから日…

自己紹介

今週のお題「自己紹介」 なんで日本の国の名前を変えたいのかを書き記そう。 これを読んでいる人はいい意味でも悪い意味でも成長する。 成長していくと評価をする人が現れる。「あれはダメだ」「いや俺はいいと思う」など。 評価をする人が現れ始めるとその…

官民一体となった就職支援サービスは無職を救えない

官民一体となった就職支援サービスはどのような使われ方をするかと言えば 官は弱い人達の味方なので主に無職の人に向けたサービスになるのである。 そして官はあまりリソース(税金・人・物)を使いたくないので積極的に就職するように民に依頼をかける。 しか…

リンジャンのモデル

あなたは日本の国の名前を変えたいですか?。 「はい」か「いいえ」でお答えください ->「はい」ならリンジャンの一員 -> 「いいえ」ならなぜいいえなのかを記入 あなたは日本の名前を変える活動をしている人もしくは組織を応援しますか?「はい」か「いいえ…

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 ここ1年まともな仕事をしていない。どこの会社も面接で合格をもらえないのだ。面接の前にはからなずひとり飯で事前準備をしている。 昨日は秋葉原ですた丼を食べた後、とある経理代行会社の面接を受けた。 「自己紹…

日本国を改名したい

なぜやるのか 大きなことをやってみたい できなそうなことができたらすごいから 旧来武士の時代と大日本帝国憲法時代は偉い人が決断する1対Nのシステムだったが、今の日本国憲法は国民が自由に決断できるN対Nのシステムであり、同じ日本という名前であっても…