失敗と反省

叫びます

組織の成長は辛いものだ

私がとある組織に入りたいとする。しかしその組織はいい顔をしない。なぜなら私に魅力がなく、かえって仕事が増えてしまうからだ。 私がとある組織に来て欲しいとオファーが来た。しかし私はいい顔をしない。なぜならその組織は私にとってレベルが低く自身の成長が行われないからだ。

自身の成長を行いつつ、組織も成長させるというのは非常に難しい話でさまざまな人や組織に私はこうであると伝え、動き続けなくてはいけない。叱咤激励はそこから始まる。厳しいものだ。